アルピーヌA110

チルトバックシートレール

アルピーヌ A110 チルトバックシートレール
アルピーヌA110チルトバックシートレール

 新型アルピーヌA110のピュア及びSに標準採用のフルバケットシートはコーナーを攻めるには非常に良いパフォーマンスを発揮しますが、長距離の移動時はシートバック角度の起き過ぎにより苦痛を感じてしまいます。加えて、シートが起き過ぎていることはタイトブレーキングでは体が前方に持っていかれてしまいます。そこでそれらを解消する目的でシート全体を後方への角度調整機構を持たせたシートレールステーを設定しましました。純正シートはデザイン性に優れることから市販シートに交換したくないと考える方も多いでしょう。本シートレールステーはボルト2本の差し替えで簡単にシート角度を調整できるようになることから、サーキットまでの道のりはLOWセットバック、現地では標準のタイトポジションになど簡単に調整することが可能となります。なお、標準セットバックに対しプラス2段階で寝かせることが可能となります。

 



その意見、本当ですか?

アルピーヌA110 チルトバックシートレール
アルピーヌA110 チルトバックシートレール

  輸入車をメインとした自動車ジャーナリスト達はこぞって『こんなに素晴らしいポジションのシートは今までになかった。非の打ち所がない。』と言いますが、本当でしょうか?当社では5000㎞以上の距離を様々なシチュエーションで走行していますが、特に長距離移動時は耐え難い苦痛を感じています。シートが起き過ぎていることから圧迫感が強い為です。常にバトルポジションを強いられることから緊張感を取り去ることが出来ないのも要因です。なお、車両保有ユーザーからも同様の意見を頂いているのも事実です。一般的なフルバケットシートは角度調整可能なのが当たり前です。なぜ、アルピーヌA110では角度調整が行えない設計なのかは不明ですが、当社が設定するチルトバックシートレールを使用いただければアルピーヌA110がより楽しくなることは間違いないでしょう。一番喜んでいただけるのは助手席の方かもしれません。

 

 


アルピーヌA110 チルトバックシートレール

 

アルピーヌA110 PURE  2018年6月~ 

アルピーヌA110S   2019年12月~

 

  • 純正シートレールステーをお預かりしての現品加工メニューです
  • シート本体とスライドレールの間にあるレールステー(銀色部分)をお預かりします
  • シート全体のチルトとなりバックレストだけが倒れるわけではありません
  • 放電ワイヤーカットでの既存固定穴の長孔加工
  • 返送時にネジロックを同梱しています。ボルト交換は不要です。
  • シート位置・最下段時、プラス2段階で寝かせ方向へチルト可能
  • シート位置・中段時、プラス1段階で寝かせ方向へチルト可能
  • シート位置・最上段時、寝かせ方向へのチルトは不可
  • 運転席、もしくは助手席の1脚か左右2脚同時加工のどちらかを選択
  • 当社宛に発送いただきに到着後、5日~10日で返却発送
  • ご購入決済後、発送先のご連絡をさせていただきます。運賃着払いにてお送りください。
  • ご購入前に下段の注意点を必ずご一読ください
アルピーヌA110 専用

¥39,000

  • 在庫あり
  • お届け日数:4~10日
ダウンロード
シートレールサイドステー取り外しマニュアル
ご自身でサイドステーを取り外しを検討の方はこちらをご参考ください。
A110シートレールステー取り外し手順.pdf
PDFファイル 1.0 MB
ダウンロード
シート取り外し推奨工具
有ると作業性が格段に良くなるビットラチェット525-9Tのご案内 購入しておけばシート角度調整がいつでも気軽に行えます
推奨工具525-9T.pdf
PDFファイル 1.0 MB

フォトギャラリー

アルピーヌA110 チルトバックシートレール ご購入時の注意点

 

  • 本製品は2020年9月現在の仕様にて開発されております。開発日以降、予告なく車両メーカーが仕様変更などを行なった場合は取付・継続使用が出来なくなる恐れがあります。
  • 本商品はお客様の保有シートレールステーをお預かりしての現物加工となります。
  • 本製品はルノー・ジャポン/アルピーヌ・ジャポン社が設定するオリジナルパーツとは何ら関係はありません。
  • 本製品装着後はオリジナルの状態とは異なりますので車両メーカーの見解により適切な保証を受けられなくなる場合があります。その際の補償は当社では受けかねます。
  • 本製品は並行輸入車両への適合確認は行っておりません。
  • 予告なく商品仕様が変更となる場合があります。