A110リヤブレーキパッド

 現在、レース大手ブレーキメーカーと協業にてアルピーヌA110専用 低ダストブレーキパッドの開発を行っています。 

当社でブレーキパッドをリリースする予定はなかったのですが、リテーナーと呼ばれるキャリパーへ固定するための金属ガイドが存在しない商品が出回っていることに危機感を抱き当社でリテーナー付き商品をリリースすることといたしました。

 

一般的にブレーキパッドは多様な車種と共用されていることが多いのですが、アルピーヌA110のリヤブレーキパッドは他に存在しない形状のため各社からのリリースが遅れています。加えての問題は先ほど触れた花形リテーナーの存在です。アルピーヌA110のリヤブレーキパッドは珍しい形状をした花形リテーナーがバックプレートに圧入されているのですが、このリテーナーの製作ができないブレーキメーカーが多くあり、リテーナーなしで販売している事業者が数多く存在しています。

 

販売事業者の言い分は『なくても平気だから』と、言うことですが自動車メーカー(キャリパーメーカー)が装備してくるのならば意味を持たせていると考えられます。一般論としてリテーナーはパッドの共振・共鳴を制御したり、取付性の向上にも貢献します。リテーナーの有無でパッドの片減りや片効きにも影響を及ぼす場合があります。

 

それらを踏まえ、形状や取付状態はメーカー設計状態を再現すべきだと当社では判断しています。

 

また、低ダストタイプはダスト低減と引き換えに路面を滑走するような効き方になってしまうものも多く見受けられます。低ダストとしながらも良好なフィーリングとミニサーキット程度のスポーツ走行に対応できる性能が必要と考えます。よって当社ではリテーナーの再現を行い、付きでスポーツ走行も可能なの低ダストブレーキパッドをリリースすることといたしました。

 

リリースは夏前の予定となります。どうぞご期待ください。