Coming soon 2020年12月

アルピーヌA110にドライカーボン製のハイパフォーマンスエアロキットがまもなく登場です。

 

現行型A110は大変美しいデザインで旧型オマージュを優先しているため車体下部(フロア)でダウンフォースを得る設計とメーカーは公表しています。

 

しかし、物理抵抗としてのダウンフォースが少ない為、実走行ではリフト感があるのも事実です。

特にミドルレンジ域ではダウンフォース不足となることから、リフト感解消を目的としフロントスポイラーを始めとしたエアロキットを開発しています。

 

アルピーヌA110の競技車両などを見ればわかる通りダウンフォース不足はもはや公然の事実です。

 

当社が設定するアルピーヌA110ハイパフォーマンスエアロキットは車両重量を犠牲にしない事を目的にF1を始めフォーミュラやGTカー、航空機等で使用されるドライカーボン(CFRP・オートクレーブ成型)にて製作されます。巷に出回るカーボンルックやウェットカーボンと異なり、本物のドライカーボンはフロントスポイラー単体を小指で持ち上げられるほど軽量ながら高剛性を実現し必要なダウンフォースを得ることが可能となります。

 

日本国内では自動車アフターパーツとしてのドライカーボンがまだまだ流通していないことから、フェイクカーボンを本物のカーボンと勘違いされている方が相当数いるのも事実です。

 

TECH PERFORMがお届けする本物のドライカーボンエアロパーツを体感していただければ嬉しく思います。

 

皆様にお披露目できる日は間もなくです。

 

ご期待ください。